尿失禁・尿漏れ

こんな症状はありませんか?

  • 突然トイレに行きたくなり、我慢できずに漏らしてしまった
  • 何度もトイレに行きたくなる
  • 重たいものを持った時、尿漏れが起こる
  • 咳やくしゃみをした時に尿が漏れる
  • 笑った時に尿が漏れてしまったことがある
  • スポーツ時に尿漏れが起こる

など

このような症状でお悩みの女性の方は、お気軽に奈良市のきわもと泌尿器科クリニックへご相談ください。
当院は女性の方でも安心して通院できる泌尿器科クリニックです。

尿失禁・尿漏れとは?

恥ずかしがらずに専門家へ相談を

恥ずかしがらずに専門家へ相談を

尿失禁とは、自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまう状態を言います。
女性に多くみられ、40歳以上の女性の40%以上が経験したことがあるとされています。

「歳のせい」と思ってそのままにしたり、恥ずかしさから専門家へ相談せずにいる方もおられると思いますが、尿失禁・尿漏れには様々な原因があり、過活動膀胱の可能性もありますので、そのままにせずにまずは泌尿器科専門クリニックへご相談ください。

尿失禁・尿漏れの原因

尿失禁の原因として、主に過活動膀胱による切迫性尿失禁、また骨盤底筋の脆弱化による腹圧性尿失禁があります。
さらにこれら両方の症状がみられる混合性尿失禁のケースもあります。

切迫性尿失禁

突然トイレがしたくなり、トイレまで我慢できず漏れてしまう状態で、主に過活動膀胱により症状が起こると考えられます。
何度もトイレに行きたくなったり、外出中もトイレのことが気になるようになったりするため、普段の生活に支障を来たす恐れがあります。

腹圧性尿失禁

咳・くしゃみ、重たいものを持った時、スポーツ・運動時などに腹部に力が加わって尿が漏れてしまう状態で、尿道を支える骨盤底筋の脆弱化などが原因です。
加齢や出産を機に起こることも多いです。

混合性尿失禁

切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁の両方の症状がみられる状態です。

尿失禁・尿漏れの検査

検査により尿失禁のタイプを見極めます

尿失禁を治療するには、その方がどんなタイプの尿失禁なのかを的確に診断しなければいけませんので、問診で普段の症状などをおうかがいした後、尿検査で血尿や尿の濁りなどを確認したり、エコーによる残尿検査で膀胱内にどのくらいの尿が残っているのか確認したりします。

尿失禁・尿漏れの治療

お薬のほか行動療法で尿漏れを防止

尿失禁に対しては抗コリン薬やβ3受容体作動薬などのお薬を使って治療するほか、膀胱訓練で尿をなるべく我慢する訓練を行ったり、骨盤底筋訓練で骨盤底筋を鍛えて尿漏れを防いだりします。

また腹圧性尿失禁の方へは、ご希望に応じて干渉低周波治療を行います。

オフィシャルサイトはこちら 前立腺疾患サイトはこちら よくある質問はこちら
top

0742527580

top

0742527580